アンティークに纏わる
素敵なお話しや、豆知識を、綴っていきます。。





ガーランド装飾の華やかさ


ガーランドとは
直訳すると、"花輪"を意味する言葉で
編み込まれた花や植物がゆったりと下がる
優雅な装飾のことです。

ガーランドは貴族的な模様として
フランスのベルエポック時代を発端に
流行したと言われており

その華やかさと美しさは
遙か昔から現代に至るまで
家具や雑貨、ジュエリー等に模様として刻まれ
愛され続けています。

幸福感も誘う
麗しきガーランドが施されたアンティークを
ぜひ、見つけてみて下さいませ。。







華麗なエンパイアスタイルのシャンデリア


ナポレオン1世の宮廷で生まれた
優雅なエンパイアスタイル。

無数のクリスタルが流れるように連なることで
まるで煌めきが連鎖する
華麗な空間を生み出します。


お城や貴族の館から出た
壮大で大きなシャンデリアから
1灯式の小さなものまで。

また、アージェでは
希少なブラケットやテーブルライトタイプも
エンパイアスタイルのものを集めております。


♰ エンパイアスタイルのシャンデリアはこちらからご覧頂けます。
♰ テーブルライトはこちらからご覧頂けます。






ルイ15世スタイルと、ルイ16世スタイル


ルイ15世スタイルとは
18世紀初期~中頃の建築や家具に見られた様式で
曲線を多く用いた、華やかで優美なデザインです。


一方でその後に流行した、ルイ16世スタイルは
直線的で左右対称なデザインが多く見られ
15世スタイルの美しさを受け継ぎながらも
新たな様式として、確立されました。


このように一つの家具から
フランスの美しき時代を見ることが出来ます。

家具の背景にある
歴史に想いを馳せながら
運命のアンティークを選んでみるのも素敵ですね。








天使とキューピッド


アージェでは総称して"天使"と呼んでおりますが
とっても似ている"天使"と"キューピッド"は
厳密にいうと、異なる存在なのだそうです。

天使は、キリスト教で神の使い。
一方、キューピッドはローマ神話における「愛の神」で
弓矢や矢筒、松明を持っています。

因みに、キューピッドのお供はプッティと呼ばれ
手には何も持たないようです。

どちらにしても愛らしい姿の天使とキューピッド。

この子はどちらかな…?と想像を巡らせながら
お愉しみ下さいませ。。







フルール・ド・リス


フランスアンティークの装飾に
見かけることの出来るこの紋章は
フルール・ド・リスと呼ばれ
フランス王家の紋章として古くから知られています。

フランスの国花である百合は
聖母マリアを意味し

三枚の花弁を重ねたその形から
三位一体の象徴であるともされています。

古来から伝わる伝説に由来するこのシンボルは
家具や雑貨、ジュエリーにも投影され
神聖なものとして永く受け継がれています。







幸福の象徴、グローブ・ド・マリエ


フランスで19世紀頃から作られた
グローブ・ド・マリエとは
結婚式で身に着けたティアラやジュエリーなどの装飾品が
飾られていたディスプレイケースです。

曲面ガラスのドームの内に
黄金の華麗なる装飾が散りばめられており

結婚のお祝いとして
特別な想いを込め花嫁に贈られたものだそうです。

幸福の象徴とも言えるグローブ・ド・マリエ。

良い状態で受け継がれているものは
希少性が高いと言われています。


♰ グローブ・ド・マリエはこちらからご覧頂けます。






美しき器、ファイアンスフィーヌ


テーブルウェアの歴史は多岐に渡りますが
フランスの陶器を語る上で欠かせないのが
Faience Fine(ファイアンスフィーヌ)と呼ばれる、美しい器です。

ファイアンスとは
16~17世紀にかけてヨーロッパで人気を誇った
錫釉陶器を意味するフランス語です。

当時、英国のクイーンズウェアが台頭してゆく中
その技術は、限られた窯でのみ製造が許されました。

その為、フランスの技術者達が
伝統を受け継ぎながら何とか編み出したのが
フランス独自のファイアンスフィーヌという骨董品なのです。

製作された期間がごく僅かということもあり
現存するものは希少とされています。

一見、シンプルな器ですが
その上質さと美しさを
ぜひ手に取って感じて頂けたら・・と、思います。

◇Antique Plate (H1401-23)
◇Antique Plate (H1403-23)
◇Pot (Tureen) (H1404-23)






神秘的な聖水盤


教会の入り口で
聖水を入れて手を浸し清める為に
使われていたという聖水盤。

信徒は聖堂に入る時に
聖水に指を浸して十字を切るそうです。


その用途から
壁に掛けられるお創りの小さなものが多い為

壁面装飾として絵やブラケットと共に飾って
お楽しみ頂いております。。


♰ 聖水盤はこちらからご覧頂けます。






象嵌細工の美しさ


"象嵌"は
その名の通り、象って、嵌めたもの。

つまり、ひとつの素材に
異なる素材を嵌め込む技法のことを言います。

写真のテーブルやチェアの装飾は
象嵌細工によって描かれたもの。

ひとつひとつ手作業で
掘り込まれた模様は見事で
本当に美しく、魅了されます。。


◇Table (078-25)






来訪を告げる音


ドアノッカーとは
訪問者が、来訪を告げる為に
取っ手を打ち付け音を鳴らす為のもので

お玄関などの扉や門などに取り付ける
金具のことを言います。

現代ではインターホンがその役割を果たしていますが
装飾として扉に取り付けて頂くと、とても素敵。

ドアノッカーは、なんと古代ギリシャ時代から
存在していたとも言われていて、その歴史は長いです。
コツンと金具がぶつかり合う音は、とても風情があります。


♰ ドアノッカーはこちらからご覧頂けます。





プティサイズのデミタスカップ


手のひらに乗るほどの
プティサイズの可愛らしいコーヒーカップは
デミタスカップと呼ばれています。

フランスで"cafe"というとエスプレッソのことを指し

濃く苦味の強いエスプレッソは
フランス人にとって
一番親しみのあるコーヒーなのだそうです。

小さなデミタスカップ&ソーサーは
ディスプレイとして飾ったり
眺めているだけでも癒されます。


♰ カップ&ソーサーはこちらからご覧頂けます。





煌めきを導くメダリオン


メダリオンはシャンデリアなどの
照明の上部に取り付ける、天井装飾のこと。

煌めきを導くように
シャンデリアの美しさを引き立たせ
華麗なる空間を生み出してくれます。

アージェでは
アイアン製のものや石膏製のものなど
たくさん取り扱っております。

ご新築やリフォームなどで
照明をお取り付けになられる方には、ぜひお勧めです。


♰ メダリオンはこちらからご覧頂けます。





恋文の傍らに…インクトレー


羽根ペンの先にインクを浸し
文字を書き記していた時代。

その時代に使われていたものが、インクトレーです。

蓋付のインク入れを備えているものが多く
中には、ペンを置いておけるスタンドや
小物入れ、レターラックが共になっているものもあります。


恋文の傍らには
いつもインクトレーがあったのでしょう。。。


ディスプレイとしてはもちろん
失くしてしまいやすいピアスや小物を
そっと置いておく場所として、お勧めです。。


♰ インクトレーはこちらからご覧頂けます。





キャンドルスタンドと炎の安らぎ


現代では電気という灯りが
当たり前のように生活を照らしてくれますが

時を遡ると、かつて人々は
火で灯りを取って暮らしていました。

古くから大切にされてきたキャンドルスタンドを見ると
その歴史に触れることが出来ます。


アージェでは小さな手燭の物から
芸術的で存在感のある物まで
美しいキャンドルスタンドが並びます。


炎の揺らめきは波や鼓動などと同じく
心地よいリズムを持ち
安らぎを得られるのだそう。


飾ってあるだけでも美しいですが
特別な日には
キャンドルスタンドに立てた蝋燭に灯りをともして

揺らめく炎の影に映る
想い出達を辿ってみるのも素敵ですね。


♰ キャンドルスタンドはこちらからご覧頂けます。





一人二役の素敵なライティングビューロー


ライティングビューローとは
引き出しなどの収納が付いたデスクのことを言い
ヨーロッパでは、古くから親しまれております。

扉部分を手前に引くとデスクが現れて
使わない時は、収納家具になってくれます。

扉の内側には
ピジョンホールと呼ばれる仕切り棚や
小さな引き出しが備えられている物が多く
机上の細やかな物を、整頓しておけます。

デスクよりもスペースを必要としない為
アージェでも、お探しの方が多い家具のひとつです。


♰ ライティングビューローはこちらからご覧頂けます。





スターリングシルバーの特別な輝き


純度92.5%以上の銀をスターリングシルバーといい
イギリスでは、スターリングシルバーが
「純銀」と定められています。

スターリングという言葉はイギリスの
銀貨であるスターリングポンドに由来すると言われており
「信頼できる」「価値のある」「本物の」などの意味があります。

純度が92.5%よりも更に高くなると
非常に柔らかく、強度が弱まってしまう為
食器やテーブルウェア、宝飾品などに一番適する純度として
スターリングシルバーは重宝されています。

澄んだように清らかで美しい光沢と輝きは
スターリングシルバーならではのもの。

信頼出来る銀製品として
高い評価を得ているスターリングシルバー。
その美しい輝きを、ぜひ、お楽しみ下さいませ。


♰ スターリングシルバーの商品はこちらからご覧頂けます。





文明の過程に触れる


かつて、未だ水道が発達していない頃は…

キッチンで汲んだ水を
このような大きなジャグ&ボウルに入れて寝室へ運び
身支度などをしていたようです。

文明が少しずつ発達してゆく過程も
アンティークから読み取ることが出来て面白いですね。


♰ 大きなジャグ&ボウル
◇Jug & Bowl Set (EU2875)
♰ ウォッシュスタンド
◇Wash Stand (EU2224)
♰ シンクはこちらからご覧頂けます。





ベルサイユ宮殿から伝わるシンメトリーの美学


フランスの空間デザインやインテリアは
シンメトリー・左右対称に飾られているのを良く目にします。

フランス人は
シンメトリーが好きなのでしょうか?

紐解いてゆくと・・・

フランスが誇る世界遺産である
美しきヴェルサイユ宮殿から
その美学は、受け継がれているようです。

アージェでもテーブルライトやブラケット等
ペアのアンティークを左右対称に飾って
フランス流のインテリアを愉しんでいます。





日時計の浪漫


人類最古の時計と言われている、日時計。

日時計とは、太陽の日周運動で変化する
指針の影がさす目盛りを読むことで時刻を知る時計のことです。

かつては影が落ちる場所で、時間を計っていたなんて
とても浪漫がありますよね。。

石造りが素敵なので、ガーデンに置いて頂ければ
遠いフランスの風が吹き抜けそうです。


♰ アンティークの日時計は以下から、ご覧頂けます。
◇Sundial (SK438)  ◇Sundial (EU842)





祈る為の椅子


お客様に
「この椅子はどのように座るのですか?」と
よく聞いて頂くのが、チャーチチェア・祈りの椅子です。

名前の通り、祈る為の椅子で
背もたれには、印象的な十字架が象られているものが多く見られます。

低い座の部分に、跪き
組んだ両手を背もたれの上部に載せて
祈りを捧げるのだそうです。。。


♰ チャーチチェアは、こちらから、ご覧頂けます。





暖炉文化とマントルピース


壁付けの暖炉の周りを装飾する
飾り枠のことを、マントルピースと呼んでいます。


フランスは冬が長く、寒さも厳しい為
昔から暖炉文化が根付いており

そうしたことから、マントルピースやファイヤープレイスが
アンティークとして、受け継がれてきたのでしょう。


現代の日本において
暖炉を使用するお家は少ないと思いますが

サイドボードやカウンターよりも奥行が無いので
エントランスや廊下などに、空間装飾として
置いて頂いているお客様が多くいらっしゃいます。


天板にちょっとした物を飾って、
上にミラーや額絵を飾れば、それだけで、ひとつの美しい空間が生まれます。

また、暖炉の前に置かれていたファイヤスクリーンもご紹介致しております。
マントルピースの前に置いて頂ければ、フランスの邸宅の設えのようで、本当に素敵です。


♰ マントルピースは、こちらから、ご覧頂けます。
♰ ファイヤスクリーンは、こちらから、ご覧頂けます。






飾るだけでも美しい、ジャルディニエール


あまり聞き慣れない言葉かもしれませんが
フランス語で、プランターや植木鉢といった意味を持ち
植物や花を飾る器として、フランスでは古くから愛されています。

アージェアンティークスでも、小ぶりの物から大きな物まで
様々なジャルディニエールをご紹介しておりますが
すぐにお嫁入りが決まってしまうものの一つ。

美しい流動的な曲線に
花や天使などの装飾が施された優雅なものが多く

ドライフラワーなどを飾ったり、小物入れとして
飾り棚の中や、サイドボード、チェストの上に。。。
或いは、何も飾らずに置いて頂くだけでも、素敵なのです。


♰ ジャルディニエールは、こちらから、ご覧頂けます。






アール・ヌーヴォー様式


18世紀初期のロココ様式に着想を得て
フランスとベルギーで始まった
アール・ヌーヴォーと呼ばれるスタイル。

女性的な、流麗で非対称なラインで形作られ
自然に関連付いた装飾が施されているのが特徴です。

モチーフとしては
蔓状の連続文様であるホイップラッシュ・カーブや
何かを花に変化させたファム・フルールなどが見られます。

アール・ヌーヴォーの美しさを継ぐ
アンティークを集めています。。


♰ アール・ヌーヴォースタイルのアイアンパネル

◇Iron Panel (SK547)  ◇Iron Panel (1139-24)
◇Iron Panel (1143-24)  ◇Iron Panel (EU2713)

♰ アール・ヌーヴォースタイルの雑貨

◇Stand Mirror (EU2877)  ◇Antique Easel (08802-23)
◇Jug (L074-26)  ◇Cake Server (G88-22)






フランスの暮らしに沿う、ダストパン&ブラシ


テーブルのパンくずをお掃除する道具として
使われてきたダストパン&ブラシ。
フランス語では、ラマス・ミエットとも呼ばれています。

日本では、卓上のブラシと塵取りはあまり見られませんが
パンが主食であるフランスならではなのかもしれません。

そして、暮らしに沿う雑貨ひとつをとっても
限りない美が注がれているのが、フランスの魅力的なところ。

それぞれにエンボス・ルプッセなどの技法で
麗しい装飾が施されています。


♰ ダストパン&ブラシは、こちらから、ご覧頂けます。






アルモワールキャビネットとは?


オーナーが、フランスアンティークを愛するきっかけとなったのが
フランスのアルモワールキャビネット。


"アルモワール"とは、フランス語で
ワードローブやクローゼット等を意味する言葉で

古くからお城や貴族の邸宅に置かれていた
麗しき装飾を纏う、大きな家具のことを言います。

かつては結婚のお祝いにお嫁入り道具としても、贈られていたそうです。


優美な曲線で象られ、
中央の頂に、貝殻や薔薇、植物などを投影した
ロカイユ装飾が施されているものが多く
本当に美しい、アンティーク家具です。



収納力にも優れていて、鏡張りのアルモワールには、たくさんの物を仕舞っておくことが出来ます。

フランスの家具は、背の高いものが多いですが、日本の住宅にも置いて頂けるおサイズ感のものを、探しています。
また、元々背の高い家具でも、専門の職人がご希望の高さに調節可能でございますので、ぜひ、ご相談下さいませね。。


♰ アルモワールキャビネットは、こちらから、ご覧頂けます。







愛され続けるナポレオンチェア


ナポレオン3世が皇帝だった
1850~1870年頃にデザインされたナポレオン3世様式のチェアを
ナポレオンチェアと呼びます。

細やかな彫りから生まれたボビンターニングのフレームや
背もたれや脚の金彩が優美な
シルエットまで、大変美しいチェアです。

ナポレオンチェアは、座る為というよりも
見て、愛でる為の装飾家具として愛されてきたようです。

アージェでは、お届け前に一脚一脚、
大切にメンテナンスをしてお届けさせて頂きますので
飾って頂くのはもちろん、優しく扱って頂ければ、実際にお座り頂けます。


♰ ナポレオンチェアは、こちらから、ご覧頂けます。







オパリンガラスの魅力


オパリンガラスとは
オパールの様な乳白色の美しいガラスのことを言います。

一番はじめにオパリンガラスが生まれたのは
イタリアのガラスの国、ヴェネチア。
その後、1815年~1830年頃の時代に
フランスで人気を博したそうです。


ほんのりと淡く色付きながら
光が差し込めば、どこか透き通る、神秘的なガラス。

アージェでは、オパリンガラスのシャンデリアや
フラワーベース、雑貨などを集めています。


♰ オパリンガラスのシャンデリアは以下から、ご覧頂けます。

◇Crystal Chandelier (EU2914)  ◇Crystal Chandelier (SK494)
◇Crystal Chandelier (102-25)  ◇Crystal Chandelier (SK415)
◇Crystal Chandelier (G14-22)  ◇Crystal Chandelier (458-19)

♰ オパリンガラスのフラワーベースは以下から、ご覧頂けます。

◇Flower Vase (SK551)  ◇Flower Vase (J08-24)